風が通り抜け、珪藻土の白さが柔らかく家族を包み込んでいる。白い風の家。

現状でもとても素敵に生活されていましたが、もっと充実した空間を希望されリフォームのご相談をいただきました。
お問い合わせをいただいた春から3ヶ月ほどの打ち合わせを重ね、夏にリフォームを開始。

現場では”本当の意味での住まい造りを共感しあうために”と、クロス剥ぎも奥様が手伝って下さいました。
仕上がりに近づき、珪藻土の壁塗りを親子で体験。より思い入れのあるリフォームに。

更新日2015年9月29日